読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドアノブ取れそう

親から、精神的・経済的に自立することを目指す

何を書いたらいいのかわからない

一週間ぶりの更新です。

(本当は目標1日1記事なんですが...)
 
現在のわたしの状態としては、本を読んだりネットからの色々な情報により真面目系クズや自分を少しずつ理解し始めている手前ってところです。
改善するための情報も同時に仕入れており、結構頭の中はごちゃごちゃしています。
Evernoteにまとめているんですが、溜まっていくだけで発信できていない。
 
 
もともとハイペースな更新というわけではありませんでしたが、1日1記事ペースから遠ざからないよう気をつけていました。
情報を仕入れて書くというサイクルもできていた気がする。
 
最近ブログを書いては消してを繰り返して結局更新しないとか、過去の記事を消してしまったりしています。
さらにブログを書くことが楽しくない。
 
 
理由としては
  1. 数字を気にし始めたこと。(PV数)
  2. 色々な有名ブログを読んで、自分の下手さを思い知ったこと。
  3. 書く方向に迷っていること。
が挙げられます。
 
1.は、単純に真面目系クズ改善のために勝手に1人でブログを書いていようという気持ちで始めたので、当初は楽しかったのですが、アクセス数を気にし始めてから、1日に20pvあればいいほうなのでなかなかやる気がなくなってしまった。
アンダーマイニング効果ですね。せっかく出てきた向上心(承認欲求?)なので大事にしようと思ったんですけども、これを重視するかブログが細々と続くかどちらかを取るしかないですね。
まあ、せっかく数が伸びても続かなければ意味がないので、重視しすぎないようにしようと思います。
 
 
2.については、わたしのブログは個性がないなと。比べるのも失礼なほど、実力の差があるのは重々承知です。けれど、自分のブログ読んでて面白くない。完全なる自己満足。綺麗でシンプルな文章で語られるブログや、少し毒を吐きつつユーモアのあるブログとか。
同じようなテーマなはずなのに、すごく面白いブログがある。もっと読みたくなってしまう。
 
 
3.は、単純にマインドログ系のブログにするのか、それとも真面目系クズ改善のために得た情報をまとめて発信していくのか。
 
マインドログ系のブログというのは私の中のイメージでは、能面ヅラ美さんのブログ。静かにつらつらと自分の内面について書かれていて、能面さん自身の内面のことなのに押し付けがましさがなく、共感できる。この方は最終的には色々と克服されているようです。
 
みんなに役立つ情報を共有しているブログといえば、まじめ系クズの日常。いつも参考にさせていただいている。とにかくインプットされた情報量がすごい。ブログを始めたきっかけでもある。
 
2つの混合型はこれだと思う。生きづらいふ
シンプルで綺麗な表現で書かれていて、ブログタイトルどおり、自身の生きづらく感じることについて日々の出来事を通して語ったり、本から得た知識を自分なりの解釈で書かれていたりする。
 
 
なんだかブログ紹介のようになってしまったけれど、普段はこういったブログからも情報を仕入れているわけで、読んでいる本などもほとんどがここのブログでオススメされていたものなのだ。
それらをもとに記事を書いたところでそれは、わたし自身の創作物ではなくパクりになるのではないか。
 
ごたごた考え込んでしまったけれど、
本当に切羽つまったときには何を書けばよいかわからないという悩みすら記事になることがわかったので、まあその日その日書きたかったことを書いていくという結論が出ました。
 
納得はしていないけれど、寝ます。