読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドアノブ取れそう

親から、精神的・経済的に自立することを目指す

都会と田舎と生きづらさ

わたしは田舎に住んでるけれど窮屈で生きづらさを感じている。

田舎の若者特有の「こんなとこなんもねー、やってらんねー」という意味ではなくて、なんとなく"個性"とか"マイノリティ"などを受け入れない風潮にうんざりしている。
先に書いておくとわたしは田舎(というか自分の生まれ育った町)が大嫌いだ。
 
○わたしが田舎は生きづらいと感じるわけ
とにかく地域一帯といった感じが強く、そして自分の町が大好きな人が多いと感じる。生まれ故郷が好きなのは大変良いことだとおもうけれど、それゆえにそこに蔓延している価値観が絶対に正しいと信じて疑わない。
マイノリティに厳しく、そういったうわさはすぐに広まる。
 
基本的に電車は移動手段としてはあまり使わない。通勤通学者が使用するくらいで、あとの時間帯はガラガラだ。車を持っている人が多い。
車を運転できない若者は、主に自転車を使う。チャリに乗れない奴は淘汰される厳しい社会だ。
自転車しか使えないと、おのずと行動範囲が限られていて町にある商業施設も限られていたりするので、休日でも苦手なクラスメイトに出会ってしまったりする。
知ってる人に見つからずにジョギングはほぼ不可能なため、基本は時間帯をずらすか変装をする。
 
どこに行っても息がつけない!知ってる人ばかり!噂話と愚痴ばかり!逃げ場がない!補助輪つけてる奴を笑うな!いつまで鎖国しているつもりだ!
 
 

○田舎者の私が持つ都会のイメージ

初めての東京デビューの時は、大人からすごく脅された。都会はこえー人がいっぱいいる。困っても助けてくれねえ。強くなれ。と。
 
このあいだ用事があって、東京と横浜に行ったのだけど自分がとても生き生きしているのを感じた。田舎のほうが空気がきれいなのに呼吸がしやすかった。
きっと、他人への無関心さが私には居心地がよかったのだとおもう。
都会の人は冷たいと聞くけれど、他人にづかづか土足で干渉してくる田舎人よりはいいなあ。
東京にはいっぱい人がいていろんな服着てる人がいて、私の地元じゃ絶対笑いものだっていう人の脇を真顔で通り過ぎていく都会人。さすが東京。心が広い。
 
 

○精神病と地域性って少なからず関係しているかも

最近読んだ境界性パーソナリティ障害についての本に地域ごと境界性パーソナリティ障害の発症率を調査した結果と考察が書かれていた。

地方農村部と大都市近郊地域の高校三年生に境界性パーソナリティ障害かどうかを判定するための50項目の質問が並んだアンケート(ボーダーラインスケール)を行い、はいと答えた数を得点にするという方法。(得点が高いほうが境界性パーソナリティ障害の傾向が強い)

調査対象の高校は

典型的農村地域A市にあるA高校。(典型的農村地域の定義は人口が少ない、人口が減少気味、第一次産業の就業者が多いこと。)

典型的都市B市とB高校。(典型的都市の定義は人口が多い、人口が急激に増加、第二次産業第三次産業がともに優位であること)

地方農村地だが都市化が進み人口が増加傾向にあるC市のC高校。

の3つだ。

 
ざっくり調査結果をいうと、都市部のほうがアンケートの得点が高く境界性パーソナリティ障害の傾向が強いことがわかった。
けれど、地方農村部とはいっても都市化の傾向が顕著なC市では都市部であるB市と同じ得点だった。
 
わたしは精神病とかパーソナリティ障害を発症している方は生きづらさを感じているんじゃないかと思っていて、この調査の結果って、得点が高い人はそれがそのまま生きづらさを表しているのではないかなと思う。
 
この調査では都会の人のほうが生きづらいよという結果で、わたしの考えとは違うけど、生きづらさと地域性はかなり深く関係しているんじゃないかと考えられる実験だと思って紹介しました。
 
 

○隣の芝生は青い

わたしは田舎で生きづらさを感じているから、田舎の雰囲気が好きではなくて出ていきたいと思っているけど、都会の人は逆なのかもしれない。
 
 
ある島に旅行に行ったら、人が少なくて心地よかったという話。
東京に行って、やっぱ都会の他人への無関心さとか距離感とかがちょうどいいなと思っていた時に読んだから驚いた。
 
都会の人の多さが一人一人への関心を薄くさせているんだろうけど、確かに人がいるとどこにいっても1人にはなれない。
反対に田舎だと、人口密度が少ないからほっとするかもしれない。
 

○まとめ

何度も書いているけれど、わたしは田舎の自分たちが絶対正しい。世の中の常識だ。という風潮が大嫌いです。
田舎で育って都会に出ていくというのが、一番いい気がしてきました。
 
 

 

 

 

ボーダーラインの心の病理―自己不確実に悩む人々

ボーダーラインの心の病理―自己不確実に悩む人々

記事中に書いた実験が載ってます。
ボーダーラインとは境界性パーソナリティ障害の別名です。
 
追記:パーソナリティ障害や精神病について調べることは、本人が発症しているかどうかに関わらず、真面目系クズの原因解明、改善方法の模索のために役に立つと考えています。