読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドアノブ取れそう

親から、精神的・経済的に自立することを目指す

実際に行動してみて学ぶこと

自己改善
今年が始まってまだ3ヶ月ちょいですが、今年は結構行動できていると思います。
やろうと思っても様々な理由をつけて行動しないので、とりあえずやってみることを意識しています。
 
具体的にやってみたことは、
  • ブログを始めた
  • 心理学を中心に勉強し始めた
  • ボランティアに参加
...書いてみるとこんなもんかよという感じですが、結構動いたつもりです。3月中にもう一つ行動する予定です。
 
真面目系クズが改善されると聞いて半信半疑で始めたブログを始めたことをきっかけに、とりあえず気楽にやってみることを覚えたので、実際に行動を起こすことのハードルが多少低くなった気がします。
 
ボランティアも最初は偽善っぽくて嫌だなあと思っていました。なんか恥ずかしいし。
いつも参考にさせていただいている真面目系クズ改善のための記事を書いてくださるブログで、自尊心を高めるためにはボランティアがおすすめだと書かれていたのでブログを始めたのと同様に、やってみるか...という感じ。
 
正直乗り気ではなかったんですけど、以前記事にも書いたのですが、得るものが多かったので継続的に参加しています。
 
周りはみんな知らない人で、コミュニーケーションをとって共同作業しなければならないし、黙々と作業したり、次にする作業を自分で考えたり、自分で動かなければ誰もわたしを動かしてはくれないので、常に考えていました。
 
バスで隣の席になった人と喋るのですが、だいたいが人生経験豊富な年上の方で、自分の過去の物語を話してくださいます。経験というのは、どれだけ欲しがってもこれからやっていくしかないので、こうやって聴ける機会はとても貴重でした。これが毎回一番の楽しみです。月並みですが、人と会うのって大事ですね。
 
一つえいっとやってみて好感触だったので、次も、と好循環になっています。
 
 

わたしは、楽しそうとかやってみたいと思っても理由をつけて動かないことが多いです。

それどころか、どんどん行動している人を少しバカにさえしていました。差をつけられている焦りとか、妬ましいという気持ちからですかね。
 
そんな感じでずっと温室で育ったため、ビニールハウスの外だと生存確率がぐっと下がります。自分の実力(ちっぽけさ)を知ることを避けていたので、実際に何も出来ないこと、何者でもないことを突きつけられてグサグサきています。
 
実際に行動してみると得るもの結構デカかったです。幸運なことに今のところ嫌な目にもあっていません。勝手に恥ずかしい失敗はたくさんしているけれど。その経験が、傍観者から参加者になることで行動せず批判ばかりしているわたしには必要だとおもいます。
 
わたしに必要なのは行動に移すことだろうと思うので、これからもほどほどに自分の鼻をへし折りに行こうと思います。
 
休日は引きこもっていた人間が急に動き出したんで、筋肉痛になっているので(心身ともに)、休みをいれながら徐々にというのは大切だなと実感しています!