ドアノブ取れそう

親から、精神的・経済的に自立することを目指す

久しぶり

もう、ブログの存在を忘れようと思いずっと開いていなかった。

 

半年、放置気味ながらに続けてみたけど、未だに生きづらさがなくなる気配はないし、ブログをやる意義もよくわかっていない。

 

だから、辞めようと思っていた。公開設定も自分だけしか見れないようにしていた。

 

だけど、師(と勝手に心の中で思っている人)がブログを書く意味を再び思い出させてくれた。

 

今日限りかもしれないし、明日か1ヶ月後かに書くかもしれないし、先のことはわからないけど、とりあえず今日は書く気になったから書く。

 

と言っても、とくに話題もないので、1ヶ月前に書いたまま放置していた自分の記事に返信してみる。

 

こちらね。

 

近々人生で初めてのことに参加するから、不安があるのかな。

夏休み中、人生で初めてのことに参加した。わたしからすると中々の挑戦だった。何かは書くことができないが、どうにでもなれと言う覚悟で挑んだことだ。

 

でも、もしやり遂げることができたら、少し自分を信頼できるようになるかもしれない。

なにか、やったことのないことに挑戦すればこの現状がどうにか好転するかもしれない、という作品としての青春を見すぎたような思考だった。だけど、苦しくてどうしたらよいかわからなくて、怖い中必死に選んだ。

 

 

以前みたいに失敗したらすぐに崩れてしまうような、付け焼き刃の自信ではなくて、親の手を借りずに自分で参加すると決断したことだから、親がいなくても生きていけると思える一歩目になれるんじゃないか。

うん、こんな風な気持ちになれればいいなと思って、大きな期待はせずに、でも切実な願いを持って参加したよ。

 

 

夏休みが終わって、わたしの今までの短い人生の中では一大決心だったことをやり遂げたのが今のわたしなわけで。

 

参加を目前にして、恐怖で震えながら上記のブログを書いた8月11日のわたしに結果を教えてあげようと思う。

 

 

君の決断は間違っていなかったよ。本当に、怖くて面倒になって、自分の決断を恨んだけど、無理矢理参加したら、たっっっくさんのものを得たよ。

 

人生が変わったかと言われれば大きな変化はないし、参加している間は消えていた生きづらさがまた最近は以前と同じレベルで復活しているのだけど、環境を変えればわたしも心地よく生きていける可能性があるってことがわかったことが一番大きな収穫かもしれない。

 

世界のどっかには、わたしに合う環境があるかもと思えた。

 

今でもまだ、そのままの温度で思い出せる、人との出会いとか経験とかを得られたことも良かった。

 

今話題になっている、永田カビさんの「さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ」で、生きることが辛くない人は、なにか甘い蜜を吸っているんじゃないか、と言っていた。

 

わたしも、甘い蜜を補充できる場所はどこだ、ガソリンスタンドはどこだと、ずっと探していて見つからなかったけど、今回あったかい思い出という思いがけない形で蜜の一部を手に入れたんじゃないかと思う。

 

ちなみにわたしはこの甘い蜜というのはエネルギー源とか原動力という意味で使っている。

 

 

相変わらず、なんの精神疾患も診断されていないし、自傷の跡もない腕のくせに生きづらい、辛い、寂しいと叫んでいるから、またこれから長い間ここにいるんだろうな。

 

救いの一つを見つけたよ。